【Xamarin】xamlを利用した開発の最初のつまづきポイント

XamarinFormsのソリューションをチュートリアル通りに作成する。

作成後にxamlをソリューションに追加していく。ここの説明がチュートリアルでは不足していると感じたため、補足として追記する。
まずxamlの追加はどのようにするのかということに関して、
ソリューション名の階層よりも1つ下に「共通のプロジェクト」「iOS用のプロジェクト」「Android用のプロジェクト」が存在するが、この「共通のプロジェクト」を右クリックすると、メニューが出てくる。この追加を選択して、「新しいファイル」を選択すれば新しいダイアログが出てくる。ここでxamlを追加する(ここはチュートリアルと変わりない)。

その後、このxamlをどうするか、というのが初心者の悩みどころだと思うので、ここで解決をして早く次のステップに進んで欲しい。

まず、作成されたxamlファイルの中身を全てチュートリアルにある通りに書き換える。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             x:Class="XamlSamples.HelloXamlPage">
</ContentPage>

その後、「ソリューション名.cs」のファイルを開いて、Appメソッドの中身を一度全て削除し、以下のように書き換える。

		public App ()
		{
			// The root page of your application
			MainPage = new HelloXamlPage();
		}


次に拡張子xaml.csのファイルを編集する。
デフォルトではimportされていないAPIを導入するために、
「using Tamarin.Forms.Xaml
を文頭のusing句に追記する。
また、一度コンストラクタを削除して以下のメソッドを追加する。

        private void InitializeComponent() {
            this.LoadFromXaml(typeof(HelloXamlPage));
        }

これでデバッグが通るようになったかと思うがそれだけでは面白くないと思うので、
xamlファイルの中にラベルを追加するためにの間に以下の記述を追加する。

  <Label Text="Hello, XAML!"
         VerticalOptions="Start"
         HorizontalTextAlignment="Center"
         Rotation="-15"
         IsVisible="true"
         FontSize="Large"
         FontAttributes="Bold"
         TextColor="Aqua" />

これでおそらくxamlを使用したXamarinの最初の引っ掛かりポイントはクリアできたと思う。